トップへ » 院長紹介・経歴 » 息子の歯並びを治したい。それがきっかけでした

息子の歯並びを治したい。それがきっかけでした

息子の歯並びを治したい。それがきっかけでしたそもそも私が矯正治療を勉強し始めたのは、息子の歯並びがきっかけ。当時、息子は歯並びが悪く、私は歯科矯正を専門的におこなっている先生に相談を持ちかけたことがありました(余談ですが、実は歯学部の6年間のカリキュラムでは、矯正歯科を専門的に学ぶことができません。ですから、当時の私はドクターとしての一般的な矯正の知識しかありませんでした)

しかし、彼らに言われたのは、「もう少し様子を見ましょう」「抜歯が必要ですね」といった話ばかり。確かに、矯正歯科治療では、子供の歯並びはある程度、様子を見ることが必要です。また、時には抜歯が必要なことがあるのも、重々承知です。

でも親からしているみと、わが子を負担の少ない方法で、スグに治してあげたい。そこで、「自分で息子を治療できるように、矯正治療のことを本格的に勉強しよう」と決意したのが、そもそもの始まりだったのです。

そんなときに出会ったのが、現在当クリニックでおこなっている「機能的矯正」と呼ばれる矯正方法です。子供でも始められるし、歯の数を減らす必要がない。身体の負担が少ない治療方法でした。現在では息子の歯並びも大きく改善されています。キレイな歯並びで元気に笑っている息子の姿を見ると、本当に嬉しく思いますね。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 息子の歯並びを治したい。それがきっかけでした


コールバック予約