トップへ » 当クリニックの特徴 » お子さまはどのタイプ? » 受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)

●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
●顎がしゃくれている
●下顎が発達しすぎている
●上手く咀嚼ができない
●言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

「反対咬合(はんたいこうごう)」である可能性があります。一般的には「受け口」と言われます。遺伝的な要因もありますが、上唇を噛んだり、舌を突き出す等の癖が原因となっていることもあります。永久歯が生え揃った状態での反対咬合には、矯正以外の治療方法はありません。

症例1
<治療前>
症例1
下へ

<1ヶ月後>
症例1

症例2
<治療前>
症例2
下へ

<7ヶ月後>
症例2
 


トップへ » 当クリニックの特徴 » お子さまはどのタイプ? » 受け口(反対咬合)


コールバック予約