トップへ » 当クリニックの特徴 » 料金表 » 高年齢のお子様、および成人の矯正費用

高年齢のお子様、および成人の矯正費用

項目 イメージ 内容 治療費(税込)
表側矯正 表側矯正 一般によく知られているワイヤータイプの矯正装置です。金属もしくは半透明の装置を選ぶことができます。成人や、お子様の矯正でも精密な仕上げを希望される場合などに用います。お子様で、2期治療として機能矯正後に用いる場合などは、かかった筋機能訓練装置の費用は全て込みの治療費となります。 525,000~735,000円
(全ての筋機能訓練装置の費用込み)
裏側矯正 裏側矯正 ワイヤータイプの矯正装置を歯の裏側に応用するものです。どうしても治療中の見た目が気になる成人に用います。当院では、SH装置など成人でも夜のみの使用で歯並びが改善する多数の取り外しタイプの矯正装置を扱っており、ワイヤー装着の期間を短縮することが可能です。この場合は、かかった取り外しタイプの矯正装置の費用は全て込みの治療費となります。 735,000~945,000円
マウスピース矯正
(クリアアライナー他)
マウスピース矯正 うすい透明のマウスピース型の矯正装置を使用します。見た目はつけているのがほとんどわからず、違和感もとても少ないなど多くの長所がありますが、実は骨格は改善できません。そのため歯並びはきれいなのに、お口を閉じたときの出っ歯感が残ってしまったりします。当院では、他の取り外しタイプの機能矯正装置を併用することで、骨格も改善させることが可能です。 420,000~840,000円

トップへ » 当クリニックの特徴 » 料金表 » 高年齢のお子様、および成人の矯正費用


コールバック予約