トップへ » 当クリニックの特徴 » 噛み合わせと全身の関係 » 「顎ズレ=噛み合わせのズレ」は、全身へ悪影響を与えます

「顎ズレ=噛み合わせのズレ」は、全身へ悪影響を与えます

「顎ズレ=噛み合わせのズレ」は、全身へ悪影響を与えます

みなさんは「矯正治療の目的は歯並びを改善するもの」だと思っていませんか?確かに矯正治療には、歯並びをキレイにし、美しい口元を作るといった大切な目的もあります。しかし当クリニックでは、理想的な噛み合わせへと導くことこそが、矯正の本当の目的だと考えています。

よく虫歯や歯周病で歯を失ったり、歯並びが悪かったりして噛み合わせに問題のある方がいます。そうすると、左右どちらかで片噛みの習慣が続いたりすると、次第に顎がずれていきます。これが顎ズレとよばれる症状です。

噛み合わせのズレは、身体のバランスを崩し、頭痛、肩こり、腰痛などを引き起こすことがあります。また、顎そのものの大きさに問題があるため、息づまり、いびき、ぜんそく、アレルギー性鼻炎とも密接に関わっているともいわれはじめています。

<顎ズレによる全身への悪影響>
・頭痛、肩こり、腰痛
・自立神経の失調、うつ病
・息づまり、いびき、ぜんそく、アレルギー性鼻炎


トップへ » 当クリニックの特徴 » 噛み合わせと全身の関係 » 「顎ズレ=噛み合わせのズレ」は、全身へ悪影響を与えます


コールバック予約