トップへ » 当クリニックの特徴 » 機能的矯正について

お子さまの歯並びでお悩みのお母様へ

お子さまの歯並びでお悩みのお母様へ

「よく子供の歯並びを見たら、受け口みたい......」「うちの子、出っ歯ぎみ。なんとか治療する方法はないの?」――こういったお子さまの歯並びのことでお悩みの方はいらっしゃいませんか?そんな方にぜひ検討して欲しいのが、矯正歯科治療です。

当クリニックでおこなっている矯正治療は、「機能的矯正」とよばれる治療法です。これは、3~12歳くらいまでのお子さまを対象とした早期治療。まだまだ成長が盛んな時期に、上下顎骨の成長をコントロールすることによって、バランスのよい顔の形により近づけたり、大切な歯の健康を一生守ることができます。

<機能的矯正の特徴>
矯正治療後の「後戻り」が少ない
機能的矯正では、歯を動かすのではなく、装置を使って顎骨の成長を正しい大きさへと促します。ですから、治療後、歯の位置が戻ってしまう「後戻り」がほとんどありません。

口呼吸から鼻呼吸に変わる
顎を正常な大きさへ導き、呼吸を改善することで、呼吸器の問題を改善することができます。千葉県保険医協会の発表によると、下の顎を広げることで、「息づまり」「いびき」「ぜんそく」「アレルギー性鼻炎」などが改善されました。

取り外しのできる装置を使用する
ムー、バイオネーター、ビムラーとよばれる取り外しのできる装置などを使用します。これらの装置は、就寝時にくわえておくだけで、歯並びを改善することができます。

顎がしっかりして顔の改善につながる
顔は、骨格によって大きく変化します。機能的矯正では、成長発育を積極的に使用して、歯だけではなく顎骨にまで働きかけ、バランスのよい顔つきに導くことができます。

歯を抜かない
「矯正歯科治療は場合よっては抜歯が必要」という話をきいたことはありませんか?そもそも抜歯は、顎の骨が小さく、歯が並びきらない場合におこなうものです。ところが機能的矯正では顎の成長を促し、顎骨そのものの大きさが変化するので、歯を並べる十分なスペースが生まれ、歯を抜かずに治療ができる可能性が高まります。

虫歯になりにくい
歯を正しい位置に導くことで、ブラッシングがしやすくなり、磨き残しがなくなります。それにより、虫歯・歯周病になってしまうリスクが格段に減ります。

歯を抜かずに、歯並びを改善する

歯を抜かずに、歯並びを改善する一般的に、ワイヤーを使った矯正治療では、歯を並べるスペースを作るために抜歯をすることがあります。しかし、当クリニックで使用する矯正装置は、歯の土台である顎骨そのものを拡大することができるため、大切な歯を抜かなくても歯を並べることができます。事実、当クリニックで矯正を行った患者さまは、歯の数を減らすことなく治療を成功させております。

また、2〜4年という年月をかけてゆっくりと歯の土台を広げていくため、「後戻り」(矯正終了後、歯の一部が元の状態に戻ってしまうこと)もほとんど発生しません。他にも、固定式の装置に比べて、痛みが少ないといったメリットもあげられます。

「身体に優しい治療」――それが、当クリニックがおこなう「機能的矯正」とよばれる矯正方法です。

関連ページリンク

当クリニックの特徴機能的矯正について噛み合わせと全身の関係
装置について非抜歯矯正を目指す治療の期間・流れ料金表
お子さまはどのタイプ?よくあるご質問
医療費控除について

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当クリニックの特徴 » 機能的矯正について


コールバック予約